遮熱断熱工法
サーモシャット工法

サーモシャット工法は、特殊バルーンを含有させた断熱性・保湿性を有する中塗り層により、室内温暖化を低減させると共に、遮熱性・低汚染性を有する上塗り層により太陽光による構造物の温暖上昇(熱負荷)を緩和させる外壁の遮熱・断熱工法です。



優れた断熱性・保温性
特殊バルーンを配合した超軽量・低熱伝導性を有する中塗材は、室内温度の変化を低減させ、夏季、冬季における冷暖房費の節約に役立ちます。

幅広い色相で優れた遮熱性
熱線反射機能を有する上塗材は、太陽光分布の約40%をしめる近赤外線(熱線)を高反射し、幅広い色相範囲で夏季の熱暑から躯体の温度上昇を抑制し、冷暖房負荷を低減します。

  高耐久性・低汚染性
上塗材はシロキサン結合により三次元に架橋した強靭な塗膜を形成し、紫外線や低汚染に対して優れた抵抗性を示します。また、長期に亘り遮熱性を維持します。

防水性
微弾性塗膜は、下地の微細なひび割れに追従し、雨水などに対して優れた防水性を発揮します。

防かび・防藻性
特殊設計により、かびや藻類などの微生物に対して強い抵抗性を示し、長期に亘り衛生的な環境を維持します。

一般外壁
 
セメントモルタル、セメントコンクリート、スレート板、各種ボード、各種旧塗膜の塗り替えなど

サーモシャット工法の遮熱・断熱性能



断熱性比較試験

サーモシャット工法は独自の技術により、汎用複層塗材Eの1/6という低熱伝導率を実現しました。熱伝導率とは熱の伝わりやすさを表した値です。

遮熱性能


熱線反射機能を有する上塗材は、太陽光分布の約40%をしめる近赤外線(熱線)を高反射し、幅広い色相範囲で夏季の熱暑から躯体の温度上昇を抑制し、冷房負荷を低減します。

遮熱性能比較試験


(試験方法)方法 サーモシャット工法、汎用複層塗材を基材表面に塗装した試験用BOXに赤外線ランプを70cmの距離から照射し、試験BOXの基材裏面及びBOX内部の空間温度を経時で測定。

(結果)上塗層の熱反射性により、BOXの基材裏面温度で約20℃、BOX内部温度で約5℃の遮熱効果が得られた。

 

クールルーフ推進事業について

クールルーフ推進事業とは、ヒートアイランド対策として東京都が推進する屋上緑化、高反射率塗料への補助事業です。詳しくは「東京都のヒートアイランド対策」をご覧ください。

 


もどる