戸建て住宅の塗替え
戻る  

水性シリコンベスト:住宅用化粧スレート屋根の塗り替え

塗料には寿命があります

築7年程度
色あせ・チョーキング(粉ふき現象)程度で旧塗膜が全面に残っている。
粘土瓦の屋根とは違って、カラーベストやコロニアル仕上げの屋根には塗り替えが必要です。メンテナンスに気を配ることで、耐久性を飛躍的に延ばすことができるのです。
定期的なメンテナンスが必要です

再塗装10年程度
塗り替えした塗膜があせ、チョーキングやはく離が目立ち、二度目の塗り替えが必要。
屋根はいつも厳しい風雨や紫外線にさらされているため、塗り替えの際に対処法を間違えると、期待したほどの効果が得られない場合があります。正確な状況判断と優れた塗材によるケアが必要です。
水性シリコンベストの特長
1.水性だから安全
シーラー(下塗り材)も上塗り材も水性なのが「水性シリコンベスト」。もうシンナー臭を心配する必要はありません。
※ただし、素材の劣化状態によっては、溶剤系の「シリコンベスト強化シーラー」が必要です。
2.かび・藻を防ぐ
「水性シリコンベストシーラー」は、劣化した素材内の藻、カビの成長を防止します。さらに「水性シリコンベスト」を上塗りし、外部からの藻やカビの発生も防ぎます。
3.風化・劣化に強い
下塗り塗料の「水性シリコンベストシーラー」は、いわゆるカチオン系といわれ、旧塗膜の(−)に対し(+)の電気的極性をもつため、旧塗膜との密着性が高く、なおかつシロキサン結合(シリコンと酸素の強力な結合)により、風化した素地と強固に密着します。さらに上塗り塗料「水性シリコンベスト」も、シロキサン結合により強靱な塗膜を生み出します。
4.美しい仕上がり
上塗り塗料「水性シリコンベスト」は美しい光沢、色相、鮮映性を発揮して、素晴らしい仕上がりを実現します。また、塗料に含まれるシリコーンが耐久力を高め、住宅用化粧スレート屋根を美しく保ちます。
 
塗料と塗装の総合ブランド・日本ペイント株式会社
戻る