★目的別塗り替えの「お薦めポイント」★  
       
 
屋根・外壁を自由な配色で塗り替えてみませんか?
 
同じ家でもこんなに雰囲気が変わります。
色選びも楽しみましょう!

塗り替え時期の目安
  塗替え時期 原 因
◆外壁 築5〜6年 チョーキング(手で触ると白い粉が付く)カビ、藻の発生、壁のひび割れ、塗り替え時期です。
◆屋根 築8〜10年 風雨や日光にさらされ屋根材が劣化し割れたり、反ってきたり、カビ、藻、塗膜の色あせ、塗り替え時期です。
◆鉄部 3年程度点検 錆が出たり、塗膜がはがれてきたら塗替えのサインです。
◆木部 5年程度点検 塗膜のツヤがあせてきたり、塗膜が剥がれてきたら塗替えのサインです。
塗料の種類 耐用年数 塗 料 性 能 保障期間
アクリル樹脂塗料 5〜6年 一般的で新築によく使われています。 3年間
ポリウレタン樹脂塗料 8〜10年 一番塗替えに多く使われており、耐久性、低汚染性、透湿性、防藻・防カビ性に優れています。 5年間
アクリルシリコン樹脂塗料 12〜15年 高耐候性、超低汚染性、透湿性、防藻・防カビ性有り、高級塗材です。広く使われています。 7年間
フッ素セラミック樹脂塗料 18〜20年 超高耐候性、超低汚染性、超高級塗材です。一般的によく使うようになってきました。 10年間
ポイント塗料のお値段。
外壁塗料の耐用年数、塗料の性能により価格が高くなりますが、塗料の種類も何十種類もあり、お客様のご予算に副って最適な塗料を選び、プランを考えてみませんか。



汚れてきて、みずぼらしいからキレイにする?
確かに家を丸洗いするなんて簡単にはいきません。仮にできたとしても、色褪せたり、光沢が低下した塗膜が元に戻るわけではないので、塗替えによって、新築同様の外観を復元することも目的の一つです。 でも、塗替えにはもっと重要な目的があります。それは防水機能の復元です。
強烈な赤外線や水分、地震や台風の揺動、酸性雨、大気汚染物質などに絶えず攻められていても、逃げ場のないのが建物です。建てたときから長期間の耐久レースをしているわけですから、やがて屋根瓦のズレや外壁のワレ、鉄部のサビ、木部の腐りなどの痛みが出るし、放棄すれば建物内部へ水分がドンドン浸入し、構造部分の老朽化を促進してゆくからです。
 
日本の住宅の平均寿命は26年、アメリカの半分程度です。 イギリスとの比例では何と、3分1です。もちろん気候条件等 が違うこともありますが、欧米に比例」して圧倒的に短命なの は手入れ不足が大きな原因といわれています。世界一の 長寿国なのに、住宅寿命は短いという面白い現象が起こって いるのです。
このデータを信じると、例えば40歳で建てたマイホームは 70歳前で建て替えることになってしまいます。それよりは、 こまめに手入れしてお家を長寿化させるほうが明らかに お得です。
 
 
 
チェックしてみましょう
大切なのは塗り替えの時期。早目早目のお手入れが大切な住まいの寿命を延ばします。 かけがえの無い住まいを一度、チェックしてみてはいかがでしょう?
こんな症状が出たら塗り替え時期です

以下の当てはまる項目にチェックして下さい。
チョーキング写真 ひび割れ写真 塗膜のはがれ写真
チョーキング(白亜化) ひび割れ 塗膜のはがれ
微生物汚染写真 変色写真  
微生物汚染(かび・藻) 変色  
鉄部・木部
鉄部さび写真 塗膜の劣化写真  
さび(鉄部) 塗膜の劣化(木部)  
ベランダ サッシ 浴室
浮き写真 シーリング材劣化写真 かび写真
浮き シーリング材劣化 かび
 
戸建て住宅の塗替え
シリコン伝説戸建て住宅塗り替え用塗料
塗り替えのヒント! 戸建て住宅の各部位ごとに、塗り替えのヒントをご紹介します
外壁塗り替え塗料を選ぶ4つのポイント
窯業サイディングボード
屋根 モルタル壁
コンクリート オールマイティ
高意匠サイディングボード 上塗り塗料の種類・特徴
       
 
 
塗料の種類は多いので大変ですが、外壁仕上塗料については、下記の4種類を覚えておけば大丈夫です。 お値段と性能(耐久性)は比例します。塗料のカタログには、一般名称として下図の分類が明記されていますので、確認しましょう。
外壁仕上げ塗料も細かく分類しますと
1、水性アクリル樹脂塗料、1液形溶剤アクリル樹脂塗料。
2、水性ウレタン樹脂塗料、1液形溶剤ウレタン樹脂塗料、2液形溶剤ウレタン樹脂塗料。
3、水性シリコン樹脂塗料、1液形溶剤シリコン樹脂塗料、2液形溶剤シリコン樹脂塗料。
4、2液形溶剤フッソ樹脂塗料(超高級塗料)
5、2液形溶剤塗料はランクが上になります。
6、同じ種類の塗料でも、3種類あり耐久年数、価格も変わってきます。、
7、見積もりを取る場合は、同じ種類の塗料でも、どのランクの塗料を明記しているか確認して下さい。
 
 
マンション塗り替えのご提案

新築された建物も経年にわたる種々の影響を受け、皆様の気づかないうちに丈夫なコンクリートにひび割れが生じ、内部の鉄筋が腐食して覆りコンクリートを破壊したり、ひび割れから屋内への漏水につながることにもなりかねません。下地の劣化状況に応じて、適確な専門材料を用い、入念な処理を行なうことが改装・改修を成功させる第一の秘訣です。

漏水の危険がある場合は、ひび割れ部周辺をサンダーカットし、シーリング材を打設して防水を完全に行います。

サンダーカット

シーリング材打設

下地調整
           

モルタル等の剥落を防止する為、深部まで浸透するエポキシ樹脂を注入し、下地と一体化させます。

浮き部のマーク

注入孔

樹脂注入
           

いわば「骨」に当たる鉄筋は、特殊材料で周囲を防錆処理し、緻密な材料を充填して元の状態に復元します。

鉄筋露出部

防錆処理

充填復帰
           

劣化シーリング材は取り除き、優れた性能のシーリング材を新しく充填します。

劣化シーリング材の除去

新規打設

完成
           

中性化した下地は、内部鉄筋の腐食の要因にもなるため、下地調整が必要となります。